空室補償商品のご紹介

  • 新築マンション・アパート向け空室補償 あんしん家主30

    新家賃収入補償率 70%〜90% ※評価額ベース

    コース 90%補償コース 返済補償コース
    補償対象物件 総戸数5戸以上の新築賃貸マンション・アパート
    補償率 評価家賃合計額の90% 評価家賃合計額の70%
    補償料率 評価家賃合計額の5% 評価家賃合計額の3%
    補償開始日 竣工日から4ヶ月目の1日
    最長補償年数 RC造/30年 重量鉄骨造/25年 軽量鉄骨造・木造/20年

    ※ 各補償条件は物件により、異なる場合があります。

    詳細を見る

  • 戸建賃貸向け空室補償 戸建賃貸まもる君

    家賃収入補償率 60%〜80% ※評価額ベース

    コース 80%補償コース 返済補償コース
    補償対象物件 新築の戸建賃貸を1戸から
    補償率 評価家賃合計額の80% 評価家賃合計額の60%
    補償料率 評価家賃合計額の5%~10% 評価家賃合計額の3%~6%
    補償開始日 竣工日から4ヶ月目の1日
    最長補償年数 木造/25年

    ※ 各補償条件は物件により、異なる場合があります。

    詳細を見る

  • 既存の賃貸住宅向け空室補償 堅実大家さん

    家賃収入補償率 80% ※評価額ベース

    対象物件
    • 総⼾数5⼾以上の既存賃貸マンション、アパート
      (専有面積20㎡以上の住⼾)
    • 貸家(一戸建て)
    補償率 評価家賃合計額の80%
    補償料率
    • 賃貸マンション、アパート:評価家賃合計額の5%
    • 貸家(一戸建て):評価家賃合計額の10%
    入居者募集条件
    • 引受審査において、補償条件と合わせて⼊居者募集条件を提⽰します。(家賃、共益費、敷⾦、礼⾦、更新料、広告宣伝費等)
    • 補償開始後、新たに⼊れ替えが発⽣した際の募集条件は、当機構が決定いたします
    補償開始日 契約手続き完了日から4ヶ月目の1日
    リフォーム工事
    • 建物の不具合(劣化・破損等)が⽬⽴つ場合は、引受審査において⼀定のリフォーム、修繕⼯事が補償の引受け条件となる場合があります。
    • 付加価値が上がるリノベーション⼯事を実施する住⼾は割⾼査定します。
    補償契約期間 2年毎の⾃動更新制

    ※ 各補償条件は物件により、異なる場合があります。

    詳細を見る

  • リノベーション物件向け空室補償 リライブNEXT

    家賃収入補償率 80% ※評価額ベース

    補償戸数 1戸から4戸まで 5戸以上
    対象物件
    • バリューアップを目的にリノベーション工事を実施する賃貸マンションの各住戸
    • 専有面積20㎡以上の住戸(区分所有の分譲賃貸マンションは不可)
    補償率 評価家賃合計額の80%
    補償料率 評価家賃総額の10% 評価家賃総額の5%
    補償開始日 リノべーション工事完了日から4ヶ月目の1日
    補償年数 2年毎の自動更新制

    ※ 各補償条件は物件により、異なる場合があります。

    詳細を見る

  • 自社サブリースのリスクヘッジに サブリース・サポート補償

    不動産管理会社様向け

    サブリースの補償リスクはアウトソーシングする時代。貴社のサブリースを当機構がさらに補償、リスクヘッジと新規管理物件の獲得にご活用下さい。

    詳細を見る

無料/ご希望の物件の空室補償額を査定します!

「私のアパートは補償対象になるのか?」「毎月いくらまで補償してくれるのか?」ご希望の物件の実際の空室補償額を無料で査定いたします。審査期間は1週間です。査定結果を「補償評価書」としてオーナー様に提出いたします。

空室発生時の補償額を無料査定中!/補償額無料査定
Page Top