賃貸経営お役立ちコラム

賃貸ニーズ調査が失敗しない賃貸経営の第1歩!

掲載日:2013年04月02日
コラム「賃貸ニーズ調査が失敗しない賃貸経営の第1歩!」のサムネイル画像
自分の土地にどんな賃貸ニーズがあるかを知る!
最近では公的年金への不信もあり、自己年金確保を目的とした賃貸経営をお考えの地主様が増えています。しかし、いざ始めようにもどんな土地活用をすればよいのら...

アパートメーカーの営業マンに相談すれば、「この立地で最高の利回りがとれる、最適なプランをご提案します!」、「当社がサブリースするので、手間いらずで安定した家賃収入をお約束します!」など甘いお誘いを受けることも多いでしょう。しかし、家賃保証やサブリース頼りの賃貸経営事業は宜しくありません。

結局、賃貸経営の大原則であり一番大事なことは、「入居者ニーズのある物件を建てること」です。

1.jpgのサムネール画像
では、入居者ニーズをどうやって調べるのか? 
方法はとて簡単で、地主様自ら辺の不動産業者にヒアリングを行うことです。以下の質問例を参考に、ぜひご自身の耳で入居者ニーズを確かめることから始めましょう。

(代表的な質問例)
1、想定される入居者層は誰か?
計画地周辺でお部屋探しをする人は、どんな人なのか? どんな属性か?
■単身or家族 ■社会人 ■公務員 ■学生 ■地元の方or転勤族
■高齢者 ■特定の企業に勤務の方(家賃補助の有無など)

2、計画地には、どんな賃貸物件が最適か? 
■集合型アパマンor戸建賃貸 ■間取りタイプ(1K、1LDK、2LDK)

3、計画地周辺の賃貸市場動向
■人気の間取り、設備  ■空室が多い物件の特徴 
■供給が多い、少ない間取りタイプなど

ちなみに、このような質問スラスラ答えることができない不動産会社は、建設後の賃貸管理を任せてはいけない会社です。
なお、ご不安であれば、当機構でも市場調査のお手伝いをいたします。お気軽にご相談下さい。


Page Top