賃貸経営お役立ちコラム

サブリースに関する賃貸経営お役立ちコラム:

  • サブリースの問題を回避する方法

    カテゴリー : サブリース

    長期間に渡りトラブルなくサブリースを上手に活用するためには、サブリース条件の「事前確認」と賃貸経営を「他人任せにしない姿勢」が重要です。当機構には、サブリースにまつわる様々なご相談が寄せられますが、よく聞くのは「現在頼んでいるサブリース会社から、大幅な借上げ家賃の値下げを提示され...

    サブリースの問題を回避する方法
  • サブリースの保証会社比較

    カテゴリー : サブリース

    賃貸アパート・マンション経営を行うオーナー様に対して、サブリースを行う会社は、おおむね3パターンに分けられます。1、ビルダー・アパートメーカー系テレビCMなどでおなじみの大手アパートビルダーなどは、土地活用提案からアパートの設計・施工を軸に、関連子会社でサブリースと賃貸管理を行う...

    サブリースの保証会社比較
  • アパートのサブリースってどんな制度なの?

    カテゴリー : サブリース

    最近のアパート・賃貸マンション経営では、「サブリース方式」が増えています。特に大手アパートメーカーが地主様に賃貸経営・土地活用の提案をする場合は、アパートの建設と合わせて、完成後の「サブリース」による家賃保証をセットで提案することが、半ば常識となっているようです。サブリースとは、...

    アパートのサブリースってどんな制度なの?
  • サブリースと空室保証の収益性比較

    カテゴリー : 家賃補償

    サブリースと空室保証:仕組みの違い サブリースは、賃貸管理と家賃保証の一体型なので、サブリース会社が入居者から家賃を集金し、その中から借上げ賃料をオーナー様に支払います。(家賃総額―借上げ家賃―管理費の残りが保証会社の利益:仮に借上げ保証率85%、管理コスト5%なら保証会社の利益...

    サブリースと空室保証の収益性比較
  • サブリースと相場家賃、家賃見直しの関係性

    カテゴリー : サブリース

    賃貸物件の家賃設定 賃貸物件が稼げる家賃は、一般的に10年で約10%ずつ下がっていくと言われています。 建物の老朽化や、近隣で続々と供給される新築物件との競合などを理由として、新築時10万円で入居が付いた物件は、10年後には9万円、30年後には7万円に下げないと入居が付かない、と...

    サブリースと相場家賃、家賃見直しの関係性
  • サブリースの問題点とデメリット

    カテゴリー : サブリース

    サブリースとは? 別名「一括借上げ」とも言われるように、賃貸アパマン一棟丸ごと全戸を、保証会社(サブリース会社)が毎月固定額で借り上げてくれる制度です。(転貸承諾付き賃貸借契約) サブリースのメリット・デメリット サブリースを利用する最大のメリットは、「オーナーは何もしなくて...

    サブリースの問題点とデメリット
Page Top