賃貸経営コラム

ホーム > 賃貸経営お役立ち最新情報コラム > 建物修繕 > 賃貸マンションの修繕チェック(躯体のひび割れ編)

建物修繕

賃貸マンションの修繕チェック(躯体のひび割れ編)

掲載日:2013年04月03日

今回は、鉄筋コンクリート造の賃貸マンションでよく見られる「クラック」(コンクリート壁、床、天井のひび割れ)についてご説明いたします。

m2-1.jpg
クラックとは?
クラックには「構造クラック」、「ヘアークラック」の2種類があります。構造クラックとは建物の構造体に影響を及ぼしかねない問題のある大きなクラック(ヒビ割れ)です。ヘアークラックとは文字通り髪の毛の細さ程度の小さなクラックを指します。クラックが発生しやすい箇所は、各階の境い目、バルコニーの立ち上がり壁と天井、そして開口部回り(玄関扉や窓)などです。

m2-2.jpg

クラックの対処方法
小さなヘアクラックであれば問題ありませんが、回りのコンクリートが剥離しているような大きなクラックは構造クラックの可能性もありますので、専門家による診断チェックが必要です。補修方法は、クリーニング後にシーリング材とモルタル材をクラックに埋め込む方法などが一般的ですが、オーナー様の目から見て目立つクラックがあれば、まずは建物を建築した地元の建設会社様に相談されるとよいでしょう。


→ 賃貸経営お役立ちコラム一覧へ

空室保証サービス ラインナップ

これから賃貸住宅の経営をお考えの方
あんしん家主30
戸建賃貸まもる君
現在賃貸住宅を経営されている方
堅実大家さん
リライブNEXT

ページトップへ